2020年3月13日金曜日

パートⅡ 461・462日目 術後・翌日

3月12日15時30分頃。

手術室で目が覚めると気分悪くないかとか矢継ぎ早に質問されて適当に答えているうちに状況把握。
眠たくて目を開ける気にならず。

大丈夫だと判断されたのだろう、撤収作業。

運ばれる間に寝落ち。

病室で目が覚めました。


酸素マスクを付けられました。
局所麻酔が首まで効いているので呼吸がしにくいかもと言うことのようだ。

確かに麻酔が良く効いており首元から手首までが全く動きません。
かろうじて指先が握る方向にわずかに動かせるだけ。

腕には効いているがその他には効いていないのでオチンチンが痛い(笑)

前回よりましだがやはり痛い・・・。

点滴と心電図は付いたまま。


麻酔が効いているのでほとんど動くこともできず、眠ることもできないまま夜に・・・。

酸素マスクが外され、水が飲めるようになりました。


痛いので尿道カテーテルを抜いてくれと懇願し抜いてもらうことができました。
麻酔が効いているので尿器でできる自信は全く無かったのですが、できると言い張りました。
尿意が来る頃には麻酔も抜けてるだろうと思ったので・・・。


スマホをいじるのだが、仰向けで右手しか使えないので非常につらかったです。

夜中にはなんとか右手で左手を引っ張り上げて横を向くことができました。
まだ指は握る方向にしか動かない。


日が変わり2時ごろスマホを置いたが眠れない・・・。


再びスマホを手に取りおそらく4時ごろ尿意がやってきた。
まだ腕は全く動かない。
指が伸ばす方向にわずかに動かすことができるようになったところ。

自信が無かったので早めに電動ベッドを起こし右手だけでなんとか尿器におしっこをすることができました。
ものすごく尿道が痛い。


やれやれと少し眠って朝、やっとヒジが動くようになってきた。

右手だけでがんばって朝食。

ここでパチリ。

外したプレート。


二か所ねじ止めのところだけ切ってます。



8時過ぎ二回目のおしっこ。
がんばりました。

9時頃先生が来て、昨夜飲めなかったので花粉症の薬を要求、病院内でも軽いですが症状出ました。
点滴と心電図も外すようお願いしました。
医者の指示が無いとナースは何もできないのでしっかりと要求を伝えておかないといけません。

麻酔が切れていればもう帰ると言いたいところだが予定通り14日退院と言うことに。


薬を飲み、点滴と心電図を外してもらい、体を拭いて着替えました。

昼食。
だいぶ腕が動くようになりました。

15時どうやら麻酔が切れたようです。

動くのは良いのですが痛みもやってきました。


晩飯食ってあとは寝るだけ。

今日は寝られるかな。




パートⅡ 460・461日目 入院・手術

また入院です。

この事故で折れた鎖骨をつないでいたプレートを取り外します。
やっちまいましたパートⅡ 1日目


骨折したのが2018年12月なので一年以上かかりました。
粉々だったので時間がかかったようです。

1月に診察を受けたときにだいぶくっついてきたとのことで、4月に引っ越すので早く抜いてほしいと伝え、もっとしっかり付いてからの方が・・・と言う医者になんとかウンと言わせて今回の入院になりました。




3月11日11時ごろに受付。
薬剤師に今飲んでいる花粉症の薬を渡してから、売店でオムツ(笑)を買ってから病棟へ。



手慣れたもんでパッとセッティング。

検温、血圧計測、血中酸素濃度を測ってからすぐに昼食。
おはし忘れた(笑)

しばらくできなくなるであろうシャワーを浴びました。

18時頃から妻と一緒に手術の説明を受けました。

晩飯食ってこの日は終了。



翌12日
朝一でこっそり缶コーヒーを飲み糖分補給してからの絶食。

点滴を付けられます。

手術着に着替えて11時からは水も無しです。

13時30分ごろ手術室へ。


血圧計、心電図、酸素濃度計を付けられます。

首元に超音波画像診断装置(エコー)で位置を決めて神経ブロック注射をしました。
見ていないのでわかりませんがおそらく局所麻酔薬を押し出すたびに痛みが走り、うなっていたら相当追加されたようです。

それからマスクを付けられ眠くなりますよの声を最後に全身麻酔に落ちました。