2022年6月6日月曜日

GSX-R1000R 慣らし中の感想

1000km乗っての感想(慣らし中)。


最初は大型久々すぎてどうやって乗るねんといった感じでしたが、だいぶ慣れました。


低速では非常に扱いやすく、曲がりやすいバイクでした。

スピードが上がると、なんとなくでは曲がらなくなります。

大げさなぐらいに体重移動してやらないと寝てくれません。


K5と同じでSSらしくハングオン(ほんとはハングオフらしい)で曲げていくのがしっくりくる。

シートがやたらとグリップするので、滑らしてではなく、お尻を上げてずらさないといけません。

K5では滑らしていたのですが、L7では確実にブレーキの前にお尻をずらしていないといけません。


エンジンのショートストローク化により吹けも落ちも早く、一定速で走るのがストレス。

この車体でK5のエンジンが良かったな~。

てか他メーカーのは全部こんなエンジンなのか・・・。

これはちょっとツーリングには向かないね~(当たり前です)。


クイックシフターは優秀です。

手放ししてエンブレだけでチェンジダウンなんてズボラにはちょっと抵抗してきますが・・・。


ノーマルのハンドルポジションでは無理です(私は)。

いや、今なら慣れたから乗れるかも(戻しませんけど)。

2022年6月2日木曜日

GSX-R1000R 慣らし終了・・・

慣らし終わりました。


今回、一応慣らし運転とやらをやってみました。

せっかくの新車だしね。


バカみたいに制限は付けずに、5,000rpm以下で急加速、急減速をしないこと。

1,000kmでオイル交換をして終了。

今、取説見ると(おせーよ)「最初の1,000kmを走行するまでは、エンジン回転5,500r/min以下で走行してください。」とあります。
ヨシ!間違ってない!



通勤で使えばすぐ終わるさ、と8日間乗りました。

松山、今治間。

KLX125と同じく2往復で給油していました。


KLX125では、2往復で181~182km・・・。

GSXR-1000Rでは、2往復で187~188km・・・。

今調べるとgoogleマップでは片道46km、2往復で184km・・・。

ちなみにY!カーナビでは片道45km、2往復で180km。

KLX125、GSX-R1000Rともに標準指定タイヤです。


ODOが早く進んじゃうのは嫌だな~。

満タン法の燃費が狂っちゃうしね。



この誤差はメーター読みスピードにも反映されているのだろうか・・・。

スマホアプリのスピードメーターと合わせてみるとGSX-R1000Rのメーター読み90km/hの時、スマホアプリで86km/hぐらいでした。

速度安定させつつ両メーターを読むのは至難の業でしたので大体ですが・・・。


5%弱の誤差なので妥当なところでしょう・・・。

こんどKLX125も計ってみよう。



800km走ったところで休みにあたったのでだいぶ体力も戻ってきたので200km走ってきました。


ネズミ捕りに引っ掛かりそうになりつつ、R33で高知に行こうと道の駅みかわで休憩中に雨に降られUターン。


R11で西条に行って帰ってきました。


1,000km走って来たゼ!とバイク屋に行ったら休みでした・・・。


これまでの燃費。


ODOメーター

給油量

満タン法燃費

メーター表示燃費

202258

46

11.04



2022510

234

11

17.09


2022516

422

11.03

17.04


2022520

609

10.36

18.05


2022525

815

11.51

17.90

18

2022525

989

9.17

18.97

18.7


 1回目の給油から最後から2番目の給油まではほぼ通勤。

最後だけツーリングって感じです。


しっかり回して走った時にどっちに転ぶのか・・・。


K5はツーリングで大体20km/L走ってたのでそれぐらいは期待したい・・・。


タンクが18Lから16Lに減ったのが厳しい・・・。

燃費20km/Lでなんとか300kmといったところ・・・。


200km走っても大丈夫だったので、体力も戻ってきました。

最初の通勤ではへとへとでした。


KLX125で通勤しました。


距離は行きかえりで45.5kmと46.3kmでした。

スピードメーターはメーター読み74km/hでアプリで72km/hぐらい。
誤差3%ほどでした。


距離も速度もKLX125のほうが精度が高いとは驚きでした。



通勤で使ったから気になったけど、オドメーターが2~3%違うのは普通に使ってたら気にならないかもね・・・。



今日、オイルとフィルター交換してきました。

次は、徐々にエンジン回して、それに自分を慣らしていかないとね。

2022年5月20日金曜日

GSX-R1000R バーエンド

やはりSS、手がしびれます。

軽減方法としてバーエンドを重くするとか、軽くするとかがあります。

何はともあれバーエンドを外してみます。

10mmのアーレンキーで止まっています。

ボルト太っ!たぶんM12細目。
そしてバーエンドめちゃ重い。

とりあえず軽くする方向で試してみよう。

KLX125に取り付けたハンドガード。

KLX125 ハンドガードカバー
https://www.yuushinno.com/2021/12/klx125.html
ゆうしんの・・・

これの付属品を使いました。


ハンドガードをハンドルに固定するためのもので、樹脂製です。

穴を13mmに広げてから頭の部分をカットしました。

芯ズレた・・・。

 
カコワルイ。

走ってみるとしっかりシビレます(笑)。
即、元に戻しました・・・。
いや、同じようにシビレるな・・・。

差はあるのかもしれませんが慣らし中の5000回転以下ではほとんど差がありませんでした。