2021年7月7日水曜日

KLX125 ハンドルクランプ折れ

ちょっと市内に用事で出かけようとKLX125をバックで押していたら右に倒しちゃいました。

押してて倒すのなんて初めてだなーと思いながら起こして発進するとハンドルが曲がってる・・・。
ゆっくり右にコカしてバーエンド打っただけなのに・・・。
近くの電柱にタイヤを当ててグイっとやると反対に簡単に曲がってしまいました。
ドユコトと思って見たらハンドルバーライザーがポッキリ逝っています。


折れたのは2020年11月に取り付けたハンドルバーライザー

外してみるとモロい粘土みたい。
これじゃあ折れるよね、なんで中空にしたんだろ・・・。


とりあえず前のバーライザーに替えて用事を済ませました。

やっぱ低いな~。

対策を考えます。

そういえば最初に買ったZETAのライザーどうにかして併用できないかな・・・。

で、買ってきたのがステンキャップボルトM8×30mm。
普通の六角だと頭が入らないのだ・・・。

ZETAのライザーの下側をオーバーサイズ変換クランプと共留め。

これで約55mmアップだったのが35mmアップに。

 うーん、少し低いか・・・55mmの時には高いと感じたからあと10mmぐらいがベストかな。


追記
だいぶ慣れたのでこのまま使います。

自転車 パンク地獄

職場に置いていた自転車がパンクしました。
リヤのパンクです、前回2月にパンクしてチューブ交換して数回しか乗ってないのに・・・。
外してみます。

バルブの近くが裂けています。

リムテープのつなぎ目が原因かも・・・。

チャチャっと修理。
パッチがゴツいから大丈夫でしょう。
翌日・・・抜けていました。
空気を入れてみるとブシューと裂けました。
同じところでした。


交換したのがこちら。
ヤフオクでたしか3本1500円ぐらいで買ったと思う。

ちゃんとリムテープも替えて交換、空気入れ・・・ブシュー。
交換、空気入れ・・・ブシュー。
交換、空気入れ・・・ブシュー。
バルブの近くが3本連続で裂けました。
ライフライン(笑)

ようし!安心の日本製で!
パナレーサー(Panaracer) 日本製 チューブ [700 x 18~23C] 仏式 バルブ 34~60 mm
3本で1,989円

交換、空気入れ・・・ブシュー。
交換、空気入れ・・・ブシュー。
んん?どゆこと?


3本目膨らませてみた・・・なんじゃこのイビツさ・・・。
たのむよ日本製パナレーサー・・・。

はい、交換、空気入れ・・・ブシュー。


はい、次ーーー!

次も日本製・・・なのかな?IRC井上ゴム工業。
IRC BICYCLE TUBE 700X18-26C 仏式60mmバルブ 28930J
2本で1,228円

膨らませてみた。

おお!ほぼ均等!素晴らしい!
・・・いや、普通じゃね?

はい、交換、空気入れ・・・とりあえずOK。

ここまで5月14日から5月31日の話。

それから1回使ってから、職場に置いておいてもそんなに使わないので持って帰りました。

で、現在までパンクしていません。(それが普通です)



6回連続初期不良って何なんだよ!
パナレーサーにはがっかりだよ。

て言うかチューブの初期不良って初めてだったんだけどそれが6連ってどうなのよ・・・。

呪われてる?オレ呪われてる?

イラっとしてすぐ捨てちゃったけどパナレーサーはアマゾンで買ったんだから置いといて返金要求するんだった・・・。

2021年7月4日日曜日

KLX125 バックミラーフィルム

こんなん買いました。

1.14ドル

バックミラーに貼るフィルムです。
おそらく親水性のフィルムだと思います。


気泡だらけになってしましました。

親水性のフィルムでした。

気泡もそれほど気にならず、雨でもかなり見やすくなりました。
 

2021年6月22日火曜日

バイクジャッキ買いました

こんなん買いました。
Donext ジャッキ バイクジャッキ バイクリフト モーターサイクルジャッキ 耐荷重500kg ゴムマット付き ソケット付き ハンドル付き バイク用 ブラック
6,750円

早速持ち上げてみる。

上面は薄いゴムが貼っていますが心もとないのでベニヤを乗せています。
下面は鉄板のまんまなのですぐサビそうです。
手回しで上げてもそれほど重くありませんがソケット使ってインパクトで上げると楽々です。
が・・・。
ゆるめるとジャッキが下がらずにねじだけが抜けてきます・・・。
せっかくのボールベアリングが落ちそうで怖い。

これおかしいだろうと覗いてみるとこのストッパーの輪っかが止まっていないのが原因でした。

はじの方に寄せてイモネジで止めると無事に、ゆるめれば下がるようになりました。
インパクト使うときにはゆるめすぎに気を付けないとストッパーが壊れそうです。


コンパクト収納がイイ。

12.5kgもあって重いですがその分頑丈で安心です。

2021年6月16日水曜日

KLX125 ヘッドライトバルブ交換

5月9日、防水に難ありのヘッドライトを交換します。

 amazonで3,180円で買ったLED電球・・・買ってはいけません!!

FBX 車/バイクヘッドライト LED H4 hi/lo 切替 CREEチップ搭載 6500K ホワイト 一体型 H4 LEDバルブ 車検対応 DC9-32V ファンレス 2個セット
センターに仕切りがあり、左右共ににハイ、ローのLEDが付いています。

内部電源でコンパクト。

多少おしりが長いのですがギリギリ防水カバーが取り付けられました。

結構明るい、夜に期待。

5月14日仕事の帰り暗くなったので壁に照射実験・・・。

なんじゃぁこりゃー!
光軸が右上がりな上にさらに右上に謎の光が!

これで帰りましたが右しか照らさず、左は歩道の様子も全く分かりません。

即刻、H4ハロゲンに交換。

アマゾンでレビュー見てみたけどこの形式のヤツはフィリップスやピアでもダメっぽい・・・。

ハロゲンだと一応左上がりに・・・右上の光はもともとKLX125の配光が悪いみたい・・・。

グリップヒーター使う機会が減ったからバッテリーは大丈夫・・・だと思いたい・・・。

次どうしよう・・・。


2021年6月8日火曜日

MPV ヘッドライト バーナー交換

5月3日、夜走る機会があってふと思い立った。
そういえば中古でMPV買ってすぐに青白いヘッドライトが嫌で安い4300kバーナーに変えたのを思い出した。

車に積みっぱなしだったので思い立ったが吉日と言うことでボンネット開けて運転席側を交換。

左が中華、右が前オーナーがつけていたもの。
純正では無さげ。


青いぜ!

中華。

右だけ中古でついてきたバーナー。
明らかに明るい。

左は狭すぎて無理なのでこの日は右だけ。



5月4日、助手席側狭すぎるのでいろいろ外してみる。


エアクリのふた、バッテリー、ヒューズボックスを外してみるが手が入らない・・・。
んん!!ここってタイヤハウスの上じゃないか!!


フェンダーの内張り外したらあっさり交換できました(笑)。

もう10年も前のことだからすっかり忘れていました。


次いじることがあったらこのページを見ることをお勧めします・・・オレ。


ということで車検のたびに磨いていたヘッドライトですが、どうやらレンズだけでなく、バーナーにも問題があったようです。

まさに安物買いの銭失い。



 



2021年6月7日月曜日

KLX125 前タイヤ交換 前キャリパーメンテ

4月22日、前タイヤ注文した翌日にパンクとか勘弁してほしいんですけど・・・。

スローパンク、何とか職場に到着。


自転車用のタイヤレバーでがんばって外してみるとバルブ周りの補強のすぐ右に小さな穴が開いていました。
左のパッチは以前の物。


パンク修理してがんばって取り付け。
タイヤ届いたらチューブごと替えます。




4月29日タイヤ交換。
今回はかなり使い切りました。

前輪もIRCにします。
IRC 70/100-19 M/C 42P GP21
4,618円
リヤほどの差はないがカタログ値で4mm大きい。

リムテープのせいでは無さそうですが、ちょっと補強します。

リムテープをバルブ穴をまたいで一周回してまた重ねました。

買い置きのチューブ。
1,500円ぐらい。

一応軽点合わせて組みました。

ついでにキャリパーメンテ。

ピストン磨いて。

ピンも磨きました。

タイヤ交換はすっかり慣れて30分で出来るようになりました。
以前の記事を見直してチューブ破りまくりだったのがうそのようです。


前後ともIRCになりました。

最近燃費がいいなーと思っていたのがさらに良くなりました。
どうやらタイヤによるものだったようです。

ダンロップで44km/Lだったのが47km/Lになりました。
そのぶんグリップは悪いのかな・・・。


ODO 26,500km。
12,500kmで交換になりました。

硬くて接地感があるオンロード向きのダンロップ
柔らかくて乗り心地、燃費のいいIRC。
次はどっちにしようかな・・・。

2021年6月5日土曜日

KLX125 リヤウインカー移設

4月24日


常にバックにかかってじゃまなウインカーを移設したい。
ステーをキャリアと共留めして後方に移設予定。

まずはコードを延長。
細い穴を通っているので太くならないようはんだ付けにしました。

いったん組み直してステーを探しにホームセンターへ。

う~ん、どうにも合うのが無い、ちょうどいいのは作るしかない。

と言うわけで3×25×1820の鉄板を購入。

サイドバッグに差して、前に倒し、わきに挟んで帰りました(笑)、こんなに大きいの買う予定じゃなかったから・・・。

まず、一か所曲げてみるとずいぶん位置がズレて曲がってしまったので、二か所目は補正をかけて曲げました。

カットして最初にズレた方もカットしました。

穴開けして角度きめの切り欠きを付けました。


思った通りの寸法に出来ました。

元の位置から後ろに10cmぐらい。
配線は元の穴通す必要なかったな・・・。

 
バッグを上&わずかに後ろにずらしたので、見た目にはそれほど変わっていませんが、ずいぶん余裕ができました。

荷物の出し入れがずいぶん楽になりました。

毎日使うので良さ実感です。

サイドスタンドを操作するときにバッグに足が触れるのもなくなりました。