2021年11月18日木曜日

KLX125 リヤライト類純正戻し改

 


前回、総取っ換えしたリヤのライト類をすべて元に戻します(笑)。

すっきりはしてるんだけどねぇ。


KLX125 リヤライト類総取っ換え
https://www.yuushinno.com/2021/10/klx125.html
ゆうしんの・・・

前回の記事を書きつつ、調べたところヤバい事実を知ってしまったのと、テール、ブレーキランプが暗すぎるからです。

後続車にハイビームで照らされることが多く、おそらくオートハイビームで認識できていないものと思われます。


ヤバいのは保安基準に適合していないこと。

リヤウインカーは発光面の中心が150mm以上離れていること・・・60mmぐらいしかない。

ブレーキランプはテールランプの5倍以上の光が必要・・・どう見ても1.5倍ぐらいしかない。


KLX125 リヤウインカー修正
https://www.yuushinno.com/2021/09/klx125_27.html
ゆうしんの・・・

前回幅が狭すぎたウインカーステーを作り直します。


厚さ3mm、幅25mmの鉄板を適当な長さにカット。
フェンダー取付位置に穴を開けて90mmの角材に固定。


ガンガン叩いて曲げます。

ウインカー取付用の穴を開けます。

今日の犠牲者(笑)。


すっかり元通り・・・。
ウインカーもちゃんと見えています。

ウインカーの位置はもっと上がいいと思うのですが、マフラーとの兼ね合いでこの位置です。



これで終了・・・と言うわけにはいきません・・・。




電球をLEDにします。

だいぶ懲りたので今回は国内で探しました・・・。

しかし、ホワイトのラインナップが無い!
仕方なく評価がましなものを買いました。

SUPAREE S25 ダブル球 LED テールランプ ブレーキランプ 国産車対応 30連 BAY15D 180度段違い LEDバルブ ホワイト 2個入り
アマゾンで2個で1,699円。



で、交換作業していると・・・そうだった、ナンバー灯別じゃん。
レッドでも良かったんじゃね?


と言うわけでナンバー灯もLEDに・・・。

ずいぶん前に買っていたT10LED。
古いので暗いですが・・・。

カバーにアルミテープを貼って損失を減らします。


ウインカーは稼働時間が少ないので電球のままにしておきます。
リレーも元に戻しました。



交換したLED電球ですが、テールランプ時に明るすぎる、ブレーキランプ時に暗い、期待外れでした。

amazonで買ったので、返品します。


替わりに買ったのがこちら。


アマゾンでは1個単価でフィリップスより高い超高級品です(笑)。


取り換えるとちゃんと明暗差があって使えそうです。


比較画像です。
画像の配置。
SUPAREEテール SUPAREEブレーキ
POLARGテール   POLARGブレーキ
純正テール         純正ブレーキ


SUPAREEはテールが明るすぎ、ブレーキが暗い、色がオレンジに見えます。
POLARGは明暗差はっきりで、赤く見えます。


POLARG 日星工業って聞いたことないので調べたら小糸製作所の系列で、小糸にもPOLARGブランドでラインナップがありました。


テールランプとナンバー灯で5W+5W=10Wが、ともに1W以下になったはずなので8W以上の節電になったはずです。


グリップヒーターの使用頻度も増えてきたのでたまにバッテリーを充電しながら冬越しかな・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿