2022年4月29日金曜日

GSX-R1000R 初乗り・・・

 まだ装備は整っていませんが初乗りです。


その前にメーター周りのセッティング。

取扱説明書を見ながらセッティング。

時計は合ってた。

S-DMS(Suzuki Drive Mode Selector)はとりあえずAで。

トラクションコントロールモードは5。


跨てみるとまだ足が届かない。


お尻をずらして片足で何とか支えられる程度にしかなっていません。

しかもシート表皮がザラザラで非常に滑りにくくなっており、お尻をずらすのも大変です。

K5よりシート高15mmアップだけでは無く、沈み込みが少ないのと、シート形状、ステップ位置が影響しているものと思います。


それでも乗りたいのでいきます。


スズキイージースタートシステムの実力を試すべく、スタータースイッチをチョンと押すとエンジンがかかるまでセルが回り、バッチリエンジンが掛かりました。

ボタンを離すタイミングにドキドキする必要はありません。


ドキドキの発進ですが、ローRPMアシストのおかげなのか、かなりハイギヤードですが、エンストしそうな雰囲気は無い。

ただAモードのせいか、ギクシャクする。


メチャクチャ曲がりやすい、K5はきっかけを作らないと全く倒れてくれなかったけど、こいつは125か!ってくらい簡単に曲がれる。


双方向クイックシフトシステムはクラッチ切って変速するとすごく変な感じ。

クラッチなしだとある程度のスピードが出ているとうまく決まります。


最初は慣れないのでBモードに、確かに変化がある。優しくなった。

Cモードはダルすぎる雨の日でも使わないんじゃないかな・・・。

Bモードにしてしばらく走りました。


2kmも走れば慣れてきたので、Aモードに。

アクセルに対して自然についてくるので乗りやすい。

普段はAモードしか使わないんじゃないかな。


スピード上げても曲がりやすいのは変わらない。

ブレーキ緩めて曲がり始める・・・とかしなくてもあっさり曲がる。


前傾がきつく、思いっきり上向かないと前が見えない。

信号待ちでは体を起こしたいが足が届かないので厳しい。

SSらしくハンドルに振動がありしびれてくる時がある。

なんとバランサー無しらしい・・・。


バックミラーは小さい。

慣れていないせいか全然見えない・・・。


ローンチコントロール、トラクションコントロールは作動するほどの走りはしていないのでわからない。


回り道しつつ10kmほど走ってバイク屋へ。


サイドスタンドを・・・出せない・・・。

右にお尻をずらして右足を着いているのでサイドスタンドに左足が届かないのだ。

右足をツンツンのつま先立ちにして何とかサイドスタンドを出すことに成功(笑)

やはりこれは車高下げないと無理だな・・・。


バイク屋に足が届かないと伝えると、気のせいだとか、気合でなんとかなるとか・・・。

少し走ってサスがなじめば少しは下がるとか・・・。


いや、サイドスタンドが出せないほどだぞ、少々じゃ無理だ・・・。


リヤタイヤ扁平率を55からK5と同じ50に落としたらどうだと思い、計算すると、9.5mm下がる計算に。

でもこの雰囲気では10mm下げてもギリギリな気がする・・・。


あまりしたくは無かったのだが、ローダウンリンクを買わねばならないようだ・・・。


ネットで調べると2つの商品がヒット・・・。

いや、2つしかヒットしない・・・。

Brock's Window Link Kit44,000円
高いな・・・。
サスペンション下のロッドと交換するもの。
調整式なのはいいが、うたい文句は最大3インチダウン・・・最低値を教えてくれ・・・。
下げるとマフラーに当たるので社外マフラーに交換必須らしい・・・。

P&A International ローダウンキット30,030円
高いよ・・・。
ただのプレートじゃん・・・。
サスペンション下のサイドのプレートと交換するもの。
30mmダウン。

どちらも情報がすくない・・・。

マフラー交換する気はないのでP&Aしかない・・・。

これもそのままつく保証は無いのだが・・・。


調べているとwebikeでセール中だった¥28,828。

セールしてるぐらいだからすぐ送ってくれるのかと思いきや4月17日に注文して5月中旬発送予定とか・・・。


早く、普通に乗れるようになりたい・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿