2017年8月26日土曜日

29日目 ギプス生活

3階の4人部屋だったのが、退院、転院、転室で一人(ぼっち)部屋になっていました。


数日後1泊入院の人が来たのだがこれが臭いのなんの!
当然苦情を言ったところすぐにシャワーを浴びさせてました。

臭いはだいぶましになったが、21時からと6時から透析があるとかで消灯時間後と起床時間前なんですけど!
しかも手伝ってくれているナースにでかい声でさんざん文句を言ってるしかなりイライラさせられました。


さらに数日後今度は個室から移ってきた人が・・・。

車椅子がギシギシうるさい。
部屋に入ってベッドに座るたびに「はぁ」とでかい溜息。
大音量でテレビをかけたり、「まじか」「うそだろ」とか独り言が多い。

そして消灯からしばらくして突然の轟音!
ガリガリ?ゴリゴリ?バキバキ?
何とも言えない音が部屋中に響き渡る。

数十秒、音がでかすぎて発信源が分からないがこの部屋であることは間違いない。

約2時間後(たぶん)再び音が鳴り響く。
すかさずナースコールするもナースが来た時にはやんでる。
ひょっとすると歯ぎしりかもしれないが、すごい音がしたことを伝えてまた寝る。

さらに約2時間後、午前2時、また始まった。
ナースコールするも来た時には収まっている。
歯ぎしりっぽいがあんなにでかい音が鳴るのかと話しているとまた鳴る!
また来た!なんて言っていると、音が止まり、「歯ぎしりしてました?」とその人。

とりあえずほかの部屋に避難するかと言われたが、もう2時だからいいよと断る。

自分の歯ぎしりで起きるのだろう、この3回を含め起床までに4回もうるさい車椅子でトイレに行きやがった。

翌日ほかの部屋に移っていきました。

ほんと爆音なんだよ。
歯ぎしりと分かるまでめっちゃこわかった。


数日後、介護度の低い人の集まる5階の病室に移りました。




やたらと景色がいい。

3階の北向きの廊下側の部屋から5階の南向きの4人部屋の2人分を独占。



3階の部屋は元々6人部屋を4人部屋にした、整形外科用の広めの部屋でした。
そこを独占ではあったのだが、カーテンで仕切られていたのでただの静かな部屋でした。

5階の部屋は元々4人部屋で、松葉杖と車椅子を使っているから、廊下側から窓側まで2人分のスペースを使えるとのこと。

広くても結局ゴロゴロしてるだけなんだけどね~。


基本、耳鼻科と外科の病棟なので、相部屋の人も突発性難聴と、何か鼻の手術をした人で、鼻のほうの人がひたすら鼻をすすってるのと、いびきをかくぐらいで特に問題はありませんでした。

しかし、ほかの病室からおっさんや子供の泣き声が長々と聞こえたり、ばあさんが叫んでたりと騒がしく・・・まぁ3階でも同じようなもんでしたが・・・。
しかしムカッときたのが朝5時に電気シェーバーでヒゲを剃ってたヤツで速攻ナースを呼んで止めさせました。
常識のないやつだ。


自分自身はギプスをした右足がうっとうしい以外は大した問題もなくまったり入院生活を送っています。


明日は家に帰って、明後日はギプスを取って荷重を掛け始める予定です。

荷重を掛けたり、動かしたりで痛みが出るのか、ちゃんと動くのか、筋肉落ちていないか心配です・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿