2020年8月16日日曜日

KLX125 タイヤ交換

先日暑さで断念したフロントタイヤ交換です。

 6月にリヤは換えています。



センターのブロックだけがかなり減っています。


台に乗せて前輪を外します。
スピードメーターケーブルが壊れやすいらしいので、丁寧に。


前回組んだ木枠を最大に手直しして使いました。

ビードを落として裏表外してからホイールを引っこ抜きます。


タイヤはリヤと同じダンロップ。

DUNLOP Buroro D605F 70/100-19 M/C 42P

4,520円。


軽点をバルブに合わせて組みます。

特にきつくもなくサクサクはめて空気を入れました・・・。
あれ・・・空気圧が上がらない・・・。
パンクしてんじゃん!!!


タイヤレバーでやっちまったようです。

自転車用の修理道具でパンク修理。


ゴムの継ぎ目?のような凸部に掛かっているので念入りにペーパー掛けましたが心配です。


センターブロックが二個飛ばしで配置、そりゃ減るよね。


パンパンに空気を入れてタイヤを弾ませてなじませてから2キロに調整。


ベアリングにグリスを差して、アクスルシャフトもグリスアップして組み上げます。


2時間後に空気圧チェック、減ってなかったので1.5キロに調整して作業終了です。


しまった!、ブレーキキャリパーのピストンもむの忘れてた・・・。


次回は前後IRCにしようかな。
チューブも換えよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿