2017年6月20日火曜日

KLX125 スマホホルダー

左ミラーはしばらくなしで行こうと思います。
と言うわけで、ここにスマホ付けちゃおうと思います。

ハンドルにクランプするタイプのスマホホルダーしか持っていないので改造します。


M10ボルトが通るようにスマホホルダーのクランプ部分のねじ穴を10mmに拡張します。


ちょうどボルトナットのザグリが10mmだったので簡単でした。

クランプ部分が薄い輪っかでは強度が心配なのでパイプをはさみます。


塩ビパイプをカット。


クランプ部分にパイプを入れて締め込めば強度が出るはず。


持っていたM10ボルトを入れてみるとちょっと長すぎる。
カットしなければ・・・。


取り付け部の深さを測ります。


ナット側の深さが12mm、クランプ部の厚みが7mm×2、合計26mm。

最低5mmはねじ込みたいので、19~26mmにしなければなりません。

ボルトをカットするときは、カットした部分が荒れてしまい、ナットがはめられなくなることがあります。

こう言う時は先にナットをねじ込んでおけば、切った後そのナットを抜くことで切り口の荒れを直すことができます。

しかし合うナットが無かったのでダイスを使わなきゃな、と思い、合わせてみると、なぜか合わない。

マサカのメートル並目ねじじゃなく、ネジメートル細目ねじなのね。

ボルト切ってもはめられない可能性が大きいのでボルト探しにパソコンへ。

近くのホームセンターに無いかとコメリドットコムで探すが無さそうです。

他の通販では送料が高く、最低でも500円近く掛かるし、すぐに使えないので、とりあえず切ってみます。


長さは間を取って22mm程度に。

目印をして金ノコでカットします。

先端を軽くやすり掛けしてはめてみます。


何の引っ掛かりも無く入りました。


スマホホルダーを固定してみます。

思っていた以上にしっかり固定できました。


右ミラーのみに慣れるかどうか、しばらく走ってみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿